月別過去記事一覧
テーマ別過去記事一覧

2011年7月〜2013年12月

の記事はこちらから

Ameba Blog

<お知らせ>

・「お父さん・お母さん割引実施中!」   

・「治療家向け施術始めました。」 

<最新の記事>  

「失礼いたしました。」
「再度、ブログ引っ越します。」
「インド。」
「お知らせ。」
「ブログ、引っ越します。」
「講座のお知らせ。」
「ケイシー・リーディング(13)」
「立川志の輔」(動画)
「Dear No One」(動画)
「内なるドクター」(本)
「渡辺惟平」(動画)
「思うとおりに歩めばいいのよ」(本)
「お知らせ。」
「RSR2018(3/3)」(動画)
「RSR2018(2/3)」(動画)
「修証義」
「3冊入荷しました。」
www を検索
サイト内を検索

Blog of Hakusan Osteopathy

Text Size : A A A

今回のアーティストは2日目15:10からの「よよかの部屋」に出演した、

相馬よよかちゃんです。

相馬よよかちゃんは石狩市生振(おやふる)在住の、一部の音楽ファンの間では

世界的に有名な現在8歳のドラマー。

テレビ番組の「あさチャン」にも出演したようなので、見た方もいるかもしれません。

ちなみに生振は札幌市のお隣、札幌市北区から10分くらい自動車で走ると下の

写真のような風景が広がっています。

生振はこんなところ↓
Img_c601173b4e3e8ba1b4d418bd42c8a90f
私の地元と同様に、ほぼ畑と田んぼです。
Img_2c911b491d823c4af2601982ffa6cdd4
以前に紹介した石狩川堤防沿いの看板。この先が生振。





ではまず、よよかちゃんが世界的に有名になるきっかけとなった動画をご覧下さい↓

Good Times Bad Times - LED ZEPPELIN / Cover by Yoyoka , 8 year old





この動画を女性ドラマー世界一を決めるコンテストに応募し、18歳以下の部門で

史上最年少のウィークリーチャンピオンとなります。

そしてこの動画を見たチャド・スミス(Red Hot hili Peppers)、エリック・シンガー

(KISS)、シェリル・クロウ、矢野顕子、亀田誠治、ハマ・オカモト(OKAMOTOZU)、

ピエール中野(凛として時雨)、真矢(LUNA SEA)などのアーティスト達が大絶賛。

さらにカナダのテレビ番組ではLed ZeppelinのボーカルRobert Plantさんもこの

動画を見て驚きます↓


Robert Plant reacts to 8-year-old girl playing Led Zeppelin on drums





よよかちゃんのご両親は札幌から生振に引越し、夫婦で音楽ユニットとして活動

しながら、レコーディングスタジオを経営されているそうです。

よよかちゃんのお父さん相馬 章文さんの話によると、章文さんのレコーディング

スタジオでアーティストの方々がレコーディングのリハーサルなどをする際に、

当時0歳のよよかちゃんが必ずドラムのところに近づいていったそうです。

そこで章文さんがよよかちゃんに1歳半からドラムを叩かせてみると、みるみる

上達していき、よよかちゃんが初めてライブ演奏をした4歳の頃の映像では、

すでに演奏が様になっています↓

ダンスビート 4歳ドラム






4歳でここまで上達したよよかちゃんですが、誰かについてドラムを習ったわけでは

なく、ほぼ自己流で耳コピだけでここまで叩けるようになったため、現在も譜面は

読めないそうです。

やはり、天賦の才能としか言いようがありません。

そして今年のライジングでは「よよかの部屋」として、ライジングへの史上最年少での

出演を果たします。

2015年のライジングでは奥田民生さんが「徹子の部屋」を模した「民生の部屋」

というのをやっていて、この時にはPerfume、松崎しげるさん、トータス松本さん

などがゲストとして登場しました。

この時のことを覚えていた方は、恐らく「よよかの部屋」にもゲストが登場するだろう

と期待していたのではないでしょうか。

私は「民生の部屋」は見ていなかったのですが、とにかくよよかちゃんの生演奏を

見てみたいと大橋トリオさんのステージを途中で切り上げ、RED STAR CAFEへと

向かい、早めに着いたおかげでほぼ最前列に近いところで見ることが出来ました。

最初はよよかちゃん一家{父(ベース、ボーカル)、母(ギター、ボーカル)、

よよかちゃん(8歳)(ドラム、ボーカル)、しどうくん(5歳)(カホン、おどり、

ボーカル)}の家族ユニット「かねあいよよか」の演奏、その後はよよかちゃんが

「今日は私のお友達が来ています。」とお友達を紹介してくれました。

よよかちゃんの紹介で出てきたお友達の面々は奥田民生、KenKen、Char、

ボーカルの聡一郎(CROSS ROADS)。

このメンバーでよよかちゃんが一躍世界的に有名になるきっかけとなった、レッド・

ツェッペリンの『Good Times Bad Times』を演奏。

本来ライブの写真撮影、動画撮影は禁止ですが、この時は相馬家の知り合いと

おぼしき人たちがけっこう動画を撮っていたので、一枚くらいはいいかなと写真を

撮らせていただきました。

こちらは、そのときに撮った写真です↓
Img_2d81bd13d31d2d5a0c39dccc0d21c374
よよかちゃんの斜め前に、ギターを演奏するcharさんの背中が少し写っています。



さらによよかちゃんは、現在Youtubeにおいてドラム講座も開いています。

よよかのドラム講座13 『バスドラ頭抜き3連』 8歳女子ドラマー/8year old drummer ”Yoyoka"




よよかのドラム講座16『重いグルーヴ』8歳女子ドラマー/8year old drummer ”Yoyoka"






感覚だけで叩いているのかと思いきや、教え方も上手でびっくりです。

この先よよかちゃんがどこまで世界に羽ばたいて行くのか、本当に楽しみです。

それにしても才能さえあれば北海道の片田舎に住んでいても、あっという間に

世界にその存在を知られるわけですから、凄い時代になりました。

では最後に、よよかちゃんの動画のコメント欄に書かれていた海外からのコメントを

一つ紹介して終わります。




    Bonzo is reincarnated.

  (ジョン・ボーナムが生まれ変わった)








<関連記事>

  「北海道の景色」

  「北海道の景色」

  「北海道の景色」

  「冬の北海道」

  「うん、だいたいあってる。」

  「私の原点?」

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする