月別過去記事一覧
テーマ別過去記事一覧

2011年7月〜2013年12月

の記事はこちらから

Ameba Blog

<お知らせ>

・「お父さん・お母さん割引実施中!」   

・「治療家向け施術始めました。」 

<最新の記事>  

「失礼いたしました。」
「再度、ブログ引っ越します。」
「インド。」
「お知らせ。」
「ブログ、引っ越します。」
「講座のお知らせ。」
「ケイシー・リーディング(13)」
「立川志の輔」(動画)
「Dear No One」(動画)
「内なるドクター」(本)
「渡辺惟平」(動画)
「思うとおりに歩めばいいのよ」(本)
「お知らせ。」
「RSR2018(3/3)」(動画)
「RSR2018(2/3)」(動画)
「修証義」
「3冊入荷しました。」
www を検索
サイト内を検索

Blog of Hakusan Osteopathy

Text Size : A A A

今回紹介する当院の本はDr.グラディス・マクギャレイの「内なるドクター」

です。

「ホリスティック医学の母」と呼ばれるマクギャレイ博士は現在98歳で、今も

現役の医師です。

グラディス・マクギャレイ博士は全米ホリスティック医学協会の創立者であり、

A.R.E(エドガー・ケイシー財団)クリニックのビル・マクギャレイ博士との

共同設立者であり、またアメリカにおいて初めて鍼灸を学んだ医師でもあります。

ちなみにマクギャレイ博士のご両親は、共にオステオパシードクターでした。
Img_a6341a53a89d75c3711a52e7299d7086




では「内なるドクター」のまえがきを紹介いたします。


この本に登場するのは、実在する人物、そして実際に起こった出来事の数々である。

彼らとの出会いは、私の人生に大きな豊かさをもたらした。

私はこの本を、医師、患者という区別を超え、等しく全ての人に向けて書こうと思う。

一度も患者にならない医者はいないし、また私たちは誰もが、自らの中にある内なる

ドクターと呼ぶべき神聖なる閃光を持つのだから。

かつて、私が勤める病院に出血性胃潰瘍の患者が訪れたことがあった。

外科医は胃の悪い部分を取り除いて治療したが、それだけで終わるなら、患者が

真の治癒に到達することはない。

私たちは、なぜ患者がそのような病気をつくったのか、本人と共にその根本原因まで

遡って取り組む必要がある。

でなければ、いったん取り除かれた症状はおそらく以前より深刻なレベルの、何らかの

問題となって、きっと当人に戻って来るだろう。

医者には症状を取り除く、抑える、緩和するといった治療はできても、真の治癒を

もたらすことはできない。

患者自身の内なるドクターが目を覚ますまで、本当の癒やしが訪れることはないのだ。

医者と患者が共に内なるドクターの存在に気づき、その神聖なる閃光が私たちのみ

ならず、私たちの住むこの美しい惑星に癒やしをもたらすこと---。

それこそ、私が本書を書く目的である。

私たちは皆、大きな全体の一部なのだから、一人ひとりが自らの癒やしに責任を

持つことは、大きな全体としての向上につながるだろう。

本書を通じて読者の皆さんと共に、一人ひとりを、そして大きな全体を丸ごと癒やす

冒険に出かけたい。






マクギャレイ博士は、映画「リーディング」にも出演されています。(予告編では

1分28秒くらいから)

映画「リーディング」予告編 LONG








では最後にケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルのマクギャレイ博士

へのインタビュー記事より、




   なぜなら私達一人ひとりは、今いる場所において、

   特別な使命を持っているということ。

   これは私たちが想像できる何よりも素晴らしい事なのです。














                                白山オステオパシー院長

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする