月別過去記事一覧
テーマ別過去記事一覧

2011年7月〜2013年12月

の記事はこちらから

Ameba Blog

<お知らせ>

・「お父さん・お母さん割引実施中!」   

・「治療家向け施術始めました。」 

<最新の記事>  

「失礼いたしました。」
「再度、ブログ引っ越します。」
「インド。」
「お知らせ。」
「ブログ、引っ越します。」
「講座のお知らせ。」
「ケイシー・リーディング(13)」
「立川志の輔」(動画)
「Dear No One」(動画)
「内なるドクター」(本)
「渡辺惟平」(動画)
「思うとおりに歩めばいいのよ」(本)
「お知らせ。」
「RSR2018(3/3)」(動画)
「RSR2018(2/3)」(動画)
「修証義」
「3冊入荷しました。」
www を検索
サイト内を検索

Blog of Hakusan Osteopathy

Text Size : A A A

先日はEXシアター六本木に、立川志の輔さんの落語を聞きに行ってきました。

私は志の輔師匠の落語が好きで、都内周辺ならば出来れば全て行きたいくらい

ですが、志の輔師匠のチケットもなかなか入手困難なので、行けるのは一年に

数回というところでしょうか。

志の輔師匠の落語は、本題に入る前のまくらの部分も私はとても好きです。

時事ネタなどを挟みつつ、観客を笑わせながら本題につなげていく様は本当に

見事で、笑いながらも思わず感心してしまいます。

志の輔師匠には映画や舞台にもなっている「歓喜の歌」他数多くの新作落語が

ありますが、古典もまたすばらしいです。

今回は笑いと涙が凝縮された、年の瀬に相応しい古典落語をどうぞ。




立川志の輔 蜆売り






















                                  白山オステオパシー院長

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする